赤ちゃんの脳を育てる葉酸!

あなたに合った葉酸サプリが見つかる!
クリックして診断スタート↓
葉酸サプリ診断



葉酸サプリ選びの3つのポイント!
 @厚生労働省が推奨している妊婦さんの1日の
 葉酸摂取基準である400μgを摂れるか

 A妊娠中に不足がちになる鉄分やカルシウムなどの
 ビタミンやミネラルも一緒に摂れるか

 BビタミンAが過剰摂取にならないか
 過剰摂取になるのは、3000μgRE以上
 で、基準値は、670μgREです。


葉酸サプリのよくある質問

葉酸は赤ちゃんの脳も育ててくれる!

ミルク

赤ちゃんの脳の発育に必要な栄養素は何でしょうか?

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)、鉄、レシチン、チロシン、
カルシウム、葉酸などがあげられます。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)って、聞いたことはある
けれど何?という感じだと思います。

 

これは、体に良い油とされている不飽和脂肪酸の一つ
です。

 

脳の神経細胞にたくさん含まれていて、神経伝達物資
を放出をコントロールしています。

 

DHAは、神経伝達物質の受け渡しの能率を上げて、
脳を活性化してくれる栄養素なのです。

 

DHAは、青魚(さば、いわし、あじ、さんまなど)
たくさん含まれていますが、酸化しやすい
(ダメになりやすい)ので、鮮度の良い魚を
選ぶようにしてくださいね。

 

また、まぐろ、真鯛、サケなどにもたくさん含まれている
ので、積極的に食事に取り入れてみてください。

 

は、言わずと知れた貧血防止に必須の栄養素ですが、
脳の発育にも影響しています。

 

鉄は、肺で取り込んだ酸素を脳や体に運ぶために重要な
栄養素です。

 

鉄が不足してしまうと赤ちゃんの脳に酸素が十分に
運ばれていかないので、脳細胞が新陳代謝が出来なく
なってしまい、発育障害が出てくる可能性があります。

 

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに鉄が取られてしまうため、
鉄が不足しやすくなってしまいます。

 

鉄をたくさん含むレバーや高野どうふ、ひじきなどを
うまく活用してみてください。

 

続いては、レシチンについてです。

 

レシチンは、脳や神経細胞を作るのに欠かせない成分
で、脳を育てたり、健康な脳にしてくれます。

 

食品中のレシチンは、体の中でコリンという物質に
分解されて、神経伝達物質であるアセチルコリンという
物質になります。

 

アセチルコリンは、記憶や思考作用に関係していて、
アルツハイマー型老人性痴ほう症の予防になるのでは
ないかと注目されています。

 

レシチンは、大豆、卵黄、納豆、豆腐などにたくさん
含まれていますよ。

 

チロシンも聞きな慣れない成分かと思いますが、
これは、タンパク質の原料になるアミノ酸です。

 

チロシンも神経伝達物質ドーパミンやノルアドレナリン
の材料になります。

 

チロシンがたくさんあると情報の伝達が速くなるため、
集中力や運動能力がアップすると注目されています。

 

この成分は、体内で作ることが出来ないので、食事で
摂る必要があります。

 

チロシンは、さつまいも、たけのこなどにたくさん
含まれています。

 

カルシウムは、骨や歯をつくってくれているのは、
ご存じだと思いますが、脳の中でも細胞への物質の
出入りを調整してしてくれています。

 

ですから、カルシウムが不足すると脳の中の情報
伝達がうまくいかなくなってしまします。

 

また、カルシウムには、イライラを抑える作用もあります
ので、ホルモンバランスが変わっていらだつことも多く
なる妊娠中は、しっかり取りたい栄養素ですね。

 

カルシウムは、牛乳やモロヘイヤ、チーズなどに多く
含まれています。

 

最後は、葉酸です。

 

葉酸は、ビタミンB群の一つで、細胞分裂や体の成長を
促進する働きがある栄養素です。

 

また、貧血の予防にも一役かってくれます。

 

細胞をつくっているタンパク質や遺伝情報を伝えてくれる
DNAの合成にも作用するので、欠乏すると赤ちゃんの
脳や体の成長に影響します。

 

妊娠初期は、細胞分裂が盛んに行われていますので、
普段の2倍は葉酸を摂るようにしていきましょう。

 

葉酸は、ほうれん草やかぼちゃなどにたくさん含まれて
います。

 

 

 

DHA・EPAも入ったおすすめ葉酸サプリ!
ビタミンとミネラルの美的ヌーボの詳細へ

 

 

トップページへ

 

 

葉酸の効果へ