妊娠中のお酒、たばこ、コーヒーについて!

あなたに合った葉酸サプリが見つかる!
クリックして診断スタート↓
葉酸サプリ診断



葉酸サプリ選びの3つのポイント!
 @厚生労働省が推奨している妊婦さんの1日の
 葉酸摂取基準である400μgを摂れるか

 A妊娠中に不足がちになる鉄分やカルシウムなどの
 ビタミンやミネラルも一緒に摂れるか

 BビタミンAが過剰摂取にならないか
 過剰摂取になるのは、3000μgRE以上
 で、基準値は、670μgREです。


葉酸サプリのよくある質問

お酒は大丈夫?

お酒

お酒の量が増えれば増えるほど赤ちゃんに影響が出てきます。

 

特にお酒をよく飲むお母さんからは、低体重や特徴的な顔つき、
知能が低下した赤ちゃんが生まれる可能性が高まることが
知られています。

 

これは、「胎児性アルコール症候群」
と言われています。

 

危険量の目安としては、ビールは大瓶3本、
ウィスキーはシングル8杯、日本酒は5合を
飲み続けると、約40%の確率で異常が出る
とされています。

 

つい飲みすぎた場合は、今後気をつけて
いけば、あまり心配することはないようです。

 

妊活女性も大注目!
女性100人の声から生まれた葉酸サプリの詳細へ
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

 

トップページへ


たばこは大丈夫?

たばこは胎児に対して悪影響があることが明らかに
なっています。

 

吸う本数に比例して赤ちゃんの発育が悪くなることが
分かっています。

 

たばこの煙には、ニコチンの他に各種発がん物質も
含まれています。

 

また、煙の中の一酸化炭素も赤ちゃんに悪影響があります。

 

自分が吸うだけでなく、「受動喫煙」と言って、
周りの人が吸っている煙でも影響が出てきます。

 

よって、ニコチンの少ないたばこにしたり、
本数を減らしても大丈夫とは言えません。

 

お母さんがたばこを吸っていると子供もたばこを
吸うようになることが多いようです。

 

妊娠をよいきっかけにたばこは止めるとよい
でしょう。

 

お父さんが吸う場合も同様です。

コーヒーは?

コーヒー

コーヒーはそんなに心配しなくても大丈夫なようです。

 

しかし、動物実験の結果から1日に30杯近いコーヒーを
飲むと先天性の異常が起こる可能性があると分かっています。

 

また、1日に3〜4杯のコーヒーを        
飲み続けた場合、赤ちゃんが低体重
になるという報告もされています。

 

これは、コーヒーに含まれているカフェイン
という物質が原因です。

 

カフェインは、緑茶、紅茶、ウーロン茶など
にも含まれています。

 

過剰に摂ると不眠や不安、動悸などを
引き起こしますが、エネルギーの消費を
高めて脂肪をどんどん分解してくれる作用も
あります。

 

薄めのコーヒーで1日1〜2杯くらいだったら、
大丈夫でしょう。

 

 

トップページへ