基礎知識について

あなたに合った葉酸サプリが見つかる!
クリックして診断スタート↓
葉酸サプリ診断



葉酸サプリ選びの3つのポイント!
 @厚生労働省が推奨している妊婦さんの1日の
 葉酸摂取基準である400μgを摂れるか

 A妊娠中に不足がちになる鉄分やカルシウムなどの
 ビタミンやミネラルも一緒に摂れるか

 BビタミンAが過剰摂取にならないか
 過剰摂取になるのは、3000μgRE以上
 で、基準値は、670μgREです。


葉酸サプリのよくある質問

葉酸の基礎知識記事一覧

葉酸とは

葉酸はプテロイルモノグルタミン酸、ビタミンB9、ビタミンMとも呼ばれる水溶性のビタミンB群の一つです。ビタミンB12と一緒に赤血球の形成を助ける働きがあります。そのため、造血ビタミンともいわれています。葉酸は、血液をつくったり、粘膜を強化したり、タンパク質の代謝を助ける働きをしています。葉酸は194...

≫続きを読む

歴史

葉酸は、1928年にイギリスの産婦人科医ルーシー・ウィルスによって発見されました。1920年代後半にウィルスは何度もインドのボンペイを訪れ、妊娠中の女性に見られた貧血の研究を始めました。そして、この妊娠中の女性の貧血が悪性貧血ではないことを発見しました。悪性貧血とは、ビタミンB12の吸収が悪くなると...

≫続きを読む

効果

<胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果>妊娠初期のころに神経管がつくられます。胎児の神経管は約28日で閉鎖し、赤ちゃんとお母さん脳や脊髄になっていきます。この部分に障害が出ると奇形や下半身麻痺などになります。葉酸は細胞の増殖を促進する効果があるとされています。妊娠ごく初期に葉酸を摂ることで神経管閉鎖障...

≫続きを読む

欠乏すると

健康な人は、腸内細菌が葉酸を作ってくれます。そのため、普通の食事をしていれば、足りなくなくことはまずありません。ですが、摂取必要量が増える妊婦さん、お酒をたくさん飲む方、ピル(経口避妊薬)やアスピリン(解熱・鎮痛剤)、抗がん剤を飲んでいる方は葉酸が不足しやすくなります。葉酸は赤血球を造るために重要な...

≫続きを読む

過剰に摂ると

葉酸を食事から摂る時は、必要摂取量を超えて摂っても健康に影響はありません。また、日本人の多くは一日の食事から摂取基準の上限を超えて摂取することはまずないでしょう。葉酸は水溶性のビタミンですので、水に溶けやすい性質を持っています。そのため、多少余分に摂取しても尿から体の外へ排出されますので、健康に害は...

≫続きを読む

葉酸を多く含む食品

葉酸はビタミンB群の一つです。赤血球の形成を助けたり、タンパク質の代謝を助けたりしています。妊娠中は血液が盛んにつくられるため、葉酸がたくさん必要です。葉酸と9種類のビタミンが一緒に摂れるサプリの詳細はこちら不足すると貧血になったり、流産、早産、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などになりやすくなります...

≫続きを読む

葉酸を多く含むレシピ

ほうれん草といわしの重ね焼きほうれん草には葉酸の他にも鉄を豊富に含んでいます。ほうれん草といわしを一緒に摂ると鉄の摂取量と吸収率が高まります。彩の良い一品になります。材料(1人分)ほうれん草      70gいわし(三枚おろし) 50g卵          1/2個(25g)パセリ        少...

≫続きを読む