葉酸の効果についてお教えします!

あなたに合った葉酸サプリが見つかる!
クリックして診断スタート↓
葉酸サプリ診断



葉酸サプリ選びの3つのポイント!
 @厚生労働省が推奨している妊婦さんの1日の
 葉酸摂取基準である400μgを摂れるか

 A妊娠中に不足がちになる鉄分やカルシウムなどの
 ビタミンやミネラルも一緒に摂れるか

 BビタミンAが過剰摂取にならないか
 過剰摂取になるのは、3000μgRE以上
 で、基準値は、670μgREです。


葉酸サプリのよくある質問

葉酸の効果とは?

赤ちゃん

<胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果>

 

妊娠初期のころに神経管がつくられます。

 

胎児の神経管は約28日で閉鎖し、
赤ちゃんとお母さん脳や脊髄になっていきます。

 

この部分に障害が出ると奇形や
下半身麻痺などになります。

 

葉酸は細胞の増殖を促進する効果
があるとされています。

 

妊娠ごく初期に葉酸を摂ることで
神経管閉鎖障害になる可能性を減らす
ことができます。

 

妊娠中に葉酸を摂ることで、口唇裂、
口蓋裂といった奇形や先天性心疾患
の予防になります。

 

ですが、妊娠が分かってから葉酸をたくさん摂るのでは、
妊娠初期から葉酸を摂れないため、妊娠前から摂取する
のが良いでしょう。

 

 

<成長を促進する効果>

 

葉酸は約20種類のタンパク質や核酸(DNAやRNA)を
合成する酵素の働きを助ける補酵素として
大切な働きをしています。

 

核酸は遺伝情報を持っており、その通りにタンパク質など
体をつくる命令を出しています。

 

DNAの合成は細胞を増殖させるのに必要です。

 

葉酸はそのDNAの合成に関わっているため、
新陳代謝や成長を促進することができます。

 

 

お肌のターンオーバー(新陳代謝)のリズムも整えてくれる
ため、肌のハリやツヤを保ちます。

 

 

成長を促進する葉酸は、盛んに細胞が増殖する胎児や幼児の
発育にも効果が期待できます。

 

<貧血を予防する効果>

 

葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球を
元気な女性造るために必要な栄養素です。

 

葉酸は赤血球になる前段階の赤芽球
の合成に関与しています。

 

正常な赤芽球にならないと正常な赤血球
になれないため、貧血を予防する効果
があるとされています。

 

<動脈硬化を予防する効果>

 

葉酸はビタミンB6とB12と一緒に
ホモシステイン(アミノ酸の一つ)を
メチオニンとシステインに変えます。

 

葉酸が不足するとホモシステインが
増加してしまいます。

 

血中のホモシステインが増加すると血管壁を傷つけて
動脈硬化の原因になってしまうことがあります。

 

葉酸をきちんと摂ってホモシステインの増加を防ぐこと
動脈硬化を防ぐことにつながります。

 

 

<脳の機能を改善する効果>

 

葉酸は動脈硬化を予防し、血流を維持する効果
あるとされています。

 

血液は酸素と栄養素を体中の細胞に運んでいます。

 

 

妊活女性も大注目!
女性100人の声から生まれた葉酸サプリの詳細へ
女性100人の声から生まれた葉酸サプリ