葉酸を多く含む食品をお教えします!

あなたに合った葉酸サプリが見つかる!
クリックして診断スタート↓
葉酸サプリ診断



葉酸サプリ選びの3つのポイント!
 @厚生労働省が推奨している妊婦さんの1日の
 葉酸摂取基準である400μgを摂れるか

 A妊娠中に不足がちになる鉄分やカルシウムなどの
 ビタミンやミネラルも一緒に摂れるか

 BビタミンAが過剰摂取にならないか
 過剰摂取になるのは、3000μgRE以上
 で、基準値は、670μgREです。


葉酸サプリのよくある質問

葉酸を多く含む食品は?

ほうれん草

葉酸はビタミンB群の一つです。

 

赤血球の形成を助けたり、タンパク質の代謝を助けたり
しています。

 

妊娠中は血液が盛んにつくられるため、葉酸がたくさん必要です。

 

葉酸と9種類のビタミンが一緒に摂れるサプリの詳細はこちら

 

不足すると貧血になったり、流産、早産、妊娠高血圧症候群
(妊娠中毒症)などになりやすくなります。

 

また、口蓋裂(赤ちゃんの奇形)、低出生体重児、神経管閉鎖障害
などになるリスクが高くなります。

 

1日の葉酸摂取基準は18〜49歳で240μg、妊娠中は480μg、
授乳中は340μgになります。

 

葉酸はほうれん草の葉物野菜、        
果物、大豆、レバーなどに多く
含まれています。

 

牛レバー 30g(1串)     300μg
鶏レバー 30g(1串)     390μg
豚レバー 30g(1串)     243μg
大豆   26g         60μg
納豆   50g(中1パック)  60μg
からし菜 50g(1本)     155μg
菜の花  40g(2本)     136μg
春菊   60g(3株)     114μg
ほうれん草    60g(2〜3株) 126μg
グリーンアスパラ 60g(3本)   114μg
ブロッコリー   50g(2房)   105μg
ぜんまい 50g(5本)       105μg
いちご  150g(中10粒)     136μg              
パッションフルーツ(果汁)200g   172μg

 

レバーは葉酸や鉄を多く含んでいますから、
貧血の予防にも効果的です。

 

しかし、レチノールは妊娠初期に大量摂ると
先天異常を引き起こすことがありますので、
摂りすぎには注意しましょう。

 

レバーは1切れで1日の必要量を簡単に超えてしまいます。

 

食べる場合は週に1〜2回、1食あたり60gほどにしましょう。

 

ビタミンAが含まれているビタミン剤や健康補助食品を摂っている場合は
特に注意が必要です。

 

妊活女性も大注目!
女性100人の声から生まれた葉酸サプリの詳細へ